2019年03月05日

モルトウイスキーセミナー。

今日は大阪でモルトスコッチの勉強会。
今は国産ウイスキーが売れているけれど、売れなかった頃、生産を止めてたあおりで、売るものがなくなり、安定供給できるのは2028年以降と、気の遠くなる話。果たして移り気な日本人がその頃までウイスキーを好んで飲んでいるかの方が心配ですが。

そんな中、ウイスキー復活の中で目立つほどではないけれど確実にじわじわ来てるのが、スコッチのシングルモルトウイスキーです。

さて、その魅力とは?

一言で言えば、その種類の多さ、味の多様性なのかなと。

今日は、地域別に代表銘柄をじっくりと。

まず、スペイサイドのグレンフィデック。 流石に辛口 綺麗な味わい。バタースカッチのような甘味が見え隠れ。

ハイランドはグレンモーレンジ。 特徴はジャックダニエルの空き樽フィニッシュ。香りは甘い柑橘系か?

ローランドからオーヘントッシャン。色濃い、焦がしたザラメ。これはストレート用だな。

アイラからはラフロイグ。個性的。ピートというより昆布?の香り、これが潮の香りか。うーん。一番好きやな。


昼間からすっかり出来上がりました( ´,_ゝ`)


95A7DD5A-0508-44AC-91C1-7FB4B5EF93A0.jpeg





posted by だいちゃん at 17:56| 香川 ☀| Comment(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新聞休刊日

休刊日がこれほどヒマだとは思った事なかった。

IMG_4673.JPG



posted by だいちゃん at 00:11| 香川 ☁| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

ツーリズム

ワイン産地を訪ね、ワイナリーを訪問して造り手と接し、地酒と郷土料理を楽しみ、周辺の史跡を訪ねワイン造りの背景をしる「ワインツーリズム」 当初アメリカやオーストラリアといったワイン新興国で先行したが、近頃はフランスなど古くからの産地にも広まっているということ。

考えてみるとそうめんつくりの現場とか醤油蔵とか(それに清酒蔵も、ビール工場もある!)をまわる「地場産業ツーリズム」も大きな小豆島の魅力であると思う。

ひとときは「シネマツーリズム」で賑わったし、今は、「高木さん」の「アニメツーリズム」が「聖地巡礼」として急激に広まっているし。瀬戸芸が始まるともっともっとお客様が来てくれると思う。

個人か二、三人もしくは小グループで交通機関を乗り継ぎ乗り継ぎ、そして歩いて歩いてまわって来てくれるお客様を大切にしよう。

ひと時代まえの団体でドドドーッと動いてバスで施設をまわっていた時とその観光する形態が全く違っていて、一人一人から短時間で大きな収益を得ることは期待できないけれど、今時の来訪者たちが、SNSを通じ自ら情報発信してくれる恩恵は大きい。

その逆に反対の情報発信をされないよう。旅の思い出は人ですよ!

IMG_4005.JPG







posted by だいちゃん at 01:01| 香川 ☔| Comment(0) | 小豆島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

直江兼続 「愛」の兜 

今日新聞に五月人形のチラシが入っていて、簡単なものでもウン万円もして兜などもあったりして、なにかと物入りだなあと思ってたら、おもしろい記事が出てたので、ご紹介。

大河ドラマにもなった上杉家の直江兼続の兜の前立ては「愛」の字そのもの。けれど戦国時代の当時にはこの字に「人を愛する」の意味はなかった。男女のあいだ(あるいは男同士)の「相手を思う気持ち」は「恋」で、人間愛など「相手を尊重し大切に思う気持ち」は「仁」であった。

それでは何故「愛」かというと、おそらく「愛染明王」か「愛宕権現」か、どちらかの戦神への帰依を意味するのもであろうと、推測されるらしい。

兼続のお師匠の上杉謙信も「三宝荒神兜」を作らせていて、だからもし、兼続が越後地方に顕著な「飯綱権現」への熱心な信仰を持っていたら兜の前立ては「愛」でなく「飯」になっていたはずであると。愛の武将ならぬ、飯の武将。これでは大河の主人公にはなれないな(笑)。

 (3月2日付 日本経済新聞 「日本史ひと模様」 本郷和人氏)

IMG_4668.JPG


posted by だいちゃん at 00:05| 香川 ☁| Comment(0) | 新聞ひろい読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

どうなっとるん??


ぼくには双子のむすめと息子が一人います。三人とも既に結婚していて、今二人の孫がいます。ふたりとも男の子です。


先日、徳島のむすめが孫を連れて帰って来て、同じ日に大阪のむすめも帰って来ました。



孫はまだ8ヶ月ですが、どうやら母親と双子の叔母の見分けがついてないようでした。



へーと思いました。


まだまだ不思議なことはいろいろあるなあ。


Paper.スケッチ.10.jpg




posted by だいちゃん at 01:04| 香川 | Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

Ballantine's  -FINEST-  Blended Scotch Whisky

今夜は外で食べたので、遅く帰ってピザをちょっとだけつまんで、スコッチをオン・ザ・ロックで飲んでました。

今はスコッチもジャパニーズもモルトブームですが、ぼくは昔ながらのブレンデッドが飲みやすくて好きです。ん!? そう、自分で書いて改めて思いました、ブレンデッドはモルトとグレーンをブレンドして飲みやすくしたスコッチウィスキーです。

スコッチと言えば、イギリス、といえば今の話題はブレグジット。「合意無き」とか言ってる、問題の本質はイギリス本土の西隣のアイルランドと北部のイギリス領北アイルランド間の国境問題です。アイルランドは依然EUに残る一つの独立国、その領土内にイギリス領があるという問題。突き詰めると宗教の問題。宗教が趣味程度な我が国日本は気楽でいいのかもしれませんね。

話がずれましたが、スコッチの楽しみはピートの香り。ピートはスコットランドの泥炭のことです。数千年の年月を掛けてできた植物由来の炭素化合物。その香りがスコッチ特有の香りです。

その香りがあるから、スコッチは食事なしでも飲めるし、チョコレートのようなお菓子でも飲めるのだとぼくは思います。

由緒あるモルトもいいけど、、、飲みやすいブレンデッドも気楽に飲めていいですよー!

IMG_4664.JPG
  
  《当店は「正しい酒文化」を守り、「造り手の情熱」を伝えます。》







posted by だいちゃん at 00:34| 香川 ☁| Comment(0) | ウイスキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

綾菊 初しぼり 無濾過原酒生

今夜の晩酌は綾菊さんの初しぼり無濾過原酒生。原酒規格なので度数は19度ありますが、やさしい口当たりゆえスイスイいけて、なおかつ濾過前の本来の清酒のコクも併せ持つという、類い希な味わいです。

合わせるのはキノコ鍋。そのものから出るダシ味でむっちゃおいしくて、炊き込む程に味わい深くなっていきますが、それもこれも受けて立つ原酒のコクは流石です。

讃岐のド真ん中にあっても大手地方蔵と有名な小さな蔵に挟まれて目立たない地味な綾菊さんですが、当たり前の事を地道にやっていく良心的蔵として、心から信頼している蔵元さんです。讃岐、瀬戸内の酒の本流は賀茂鶴と綾菊だと思います。


IMG_4658.JPG

  《当店は「正しい酒文化」を守り、「造り手の情熱」を伝えます。》


posted by だいちゃん at 09:17| 香川 ☔| Comment(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

上喜元 農(みのり)

「全国新酒鑑評会」金賞受賞の常連蔵として有名な山形酒田酒造さんが、私たちエスポアグループのためだけに醸してくれる超プライベートブランド「農(みのり)」の、特に限定「搾りたて生」が入荷します!

酒米の魔術師といわれる蔵元杜氏佐藤師をはじめ、蔵人さんたちも米作りをしていることから、農業の「農(みのり)」と名付けられた逸品です。ぜひお試しください。

000000000559_TX4NSlC.jpg

  《当店は「正しい酒文化」を守り、「造り手の情熱」を伝えます。》




posted by だいちゃん at 09:34| 香川 ☁| Comment(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

ををっ♪

近頃なんとなく元気なくて停滞気味?なアップル。

長年の伝道師としてはさみしいかぎりですが、

ふとiPhoneさわってて気が付いたこと

画面を電卓にして計算してて  

IMG_4642.PNG

計算結果をみて「ふーん」と想って何気なく数字のあたりをトントンすると、、、

IMG_4643.PNG

ほほう、「コピー」が出ました。 横にして高機能の関数電卓にすれば何でも出来そうだけど、簡易電卓にはメモリープラスとかマイナスのボタンがついてないからと想われます。

なかなかいいなと想いました。


posted by だいちゃん at 16:53| 香川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

 恐るべし 日経新聞「交遊抄」欄

もちろん個人投資家というほどでもなく(笑)、近頃読んだ本の影響で経済、特に株に興味が沸いて、近頃は「日経」を熟読してる。

となると株投資のまねごとをしたくなる。こないだ1月28日付最終面の「交遊抄」はコシダカHDの腰高氏。とてもいい話だったのでいろいろコシダカの会社を調べるとなかなかいい感じで、これは絶対上がると思った。

するってーと(笑)、一夜明けて29日コシダカの株価は急騰!! あーあ、ぼくの読みはよかったのになあ。これ絶対、日経読んでる人の買いが入ったからやろ。

結論、株価って思いの外、ファンダメンタル要因でなく、テクニカル要因というか、個人個人の投資家の心の揺れで動いてるんだと確信。
がんばりましょう!

スクリーンショット 2019-02-03 23.19.53.png

posted by だいちゃん at 23:57| 香川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする