2017年01月28日

[罪の声」 塩田武士 

昭和の未解決事件「グリコ森永事件」 キツネ目の男 「どくいり きけん たべたら しぬで」

グリコをギンガ、森永を萬堂製菓に変え、その他の事件の発生日時、脅迫状の文言などはすべて史実のまま、一応はフィクションだけど、作者が推理して辿り着いた犯人も示されている。

主人公は父の遺品の中に手帳とカセットテープを見つける。何気なくカセットを聞いてみると幼い頃の自分の声。動画サイトで確かめて驚く。グリコ森永事件の「子どもを使った脅迫テープ」が自分の声だった、、、、、。

長編だけど、一気に読めました。最後はけっこう泣けました。全世代必読。

tsuminokoe_cover_obi.jpg



posted by だいちゃん at 09:21| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

美しい距離 山崎ナオコーラ

生命保険会社に勤める夫、小さなサンドイッチ屋を経営する妻。
妻は末期のがん患者。妻の母、父とともに最後を看取る。
「延命治療」はして欲しくないという妻。「延命治療」と「がんの治療をしない」の違い。


悲しい別れの後 「近くでも遠くでもない、美しい距離」に到達する。

誰もが必ず通る道。  いい話でした。

519IidJ+BuL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg


posted by だいちゃん at 14:02| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

マチネの終わりに 平野啓一郎

毎日忙しいし、早く寝んとあかんのに、後半一気に4:00AMまで、実質二日で読み終えた。

主人公が天才ギタリストと著名映画監督の娘で数カ国語を話すジャーナリストの帰国子女。ぼくなんかまったく共感を得られるはずのないキャラクター設計なんやけど、読み始めると終われない。

えーおっさんがいうのもなんやど、心が洗われるような芸術的小説。心にいつまでも残る。

CzriPCgVEAAwn5S.jpg



posted by だいちゃん at 11:22| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

プロメテウス 

プロメテウス、iTunesでレンタルして観ました。

ブレードランナー、エイリアンのリドリー・スコット監督

制作当時は、エイリアンの前日外伝として作られた作品。

むっちゃ、きもち悪い、、、、、。

IMG_0012.JPG



posted by だいちゃん at 01:19| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

やはり!

見覚えがある、、、と思ってSW ep4を見直すと、、、

この鼻が潰れたおっさん、オビワンとルークが速い宇宙船を探しに行った港町の飲み屋で
いちゃもん付けてきて、7つ?の惑星で死刑が決まってるとか、、、凄んでたやつ。
結局オビワンにやられるんだけど。

あんまりネタバレと関係ないからいうけど、ローグワンでも出てて、やはり飲み屋で
主人公の女の子にぶつかっていちゃもん付けてる(笑)。

マジに考証すると、短い間に惑星を移動したってことか??ローグワンが先だけど。

じゃなくて、これは完全にファンサービスやね(笑)。

ファイル 2017-01-14 0 42 19.jpeg


posted by だいちゃん at 00:49| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

時の渚 笹本稜平

時の渚 笹本稜平 読みました。
サントリーミステリー大賞作だとか。

ミステリーなので、筋は読んでのお楽しみですが、
最後の数ページは、怒濤の感動でした。

90点 おすすめです。

IMG_9942.JPG


posted by だいちゃん at 17:45| 香川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

若田光一 日本人のリーダーシップ ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験U 小原健右 大鐘良一

実写版『宇宙兄弟」ていうかこの本がマンガの元ネタですし。 

選抜試験のすごさは T で読んだ。今回は選抜されてからの訓練のすごさ。

今では若田さんの英語能力はネイティブを凌ぐ「S」クラスであるが、複座ジェット練習機T-38 に乗っての訓練は超絶難易度の英会話訓練であったということ。コクピット内で交わされる言葉は無線を介した、航空英語。専門語、略語が超早口マシンガントークで飛び交う。宇宙飛行士に採用された当時の若田さんはほとんど聞き取れなかったという。訓練を終えて家に帰る車の中で悔しくてボロボロ泣いたという。

どうやって英語をものにしたかは、、、、ぜひこの本を読みましょう!


感動の一冊です。

IMG_9922.JPG



posted by だいちゃん at 01:37| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

任侠病院 今野敏

カタギ衆には手を出さず、地域を守る昔流のヤクザ(そんなのいるのか?)が倒産寸前の病院経営に手を出す。
小説版「ブラックジャックによろしく」みたいな現代の医療問題を掘り下げるところは読み応えあり。
話としては飛躍しすぎるところもあるけど、まあまあの爽快感です。

IMG_9919.JPG

posted by だいちゃん at 09:51| 香川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

National製電動レコードクリーナー

大昔、たぶんぼくが高校生の頃買った電池式のレコードクリーナーがレコード置き場の隅から出てきた。当時レコードクリーナーは丸いビロードの筒みたいなカタチで定期的に水を注入する湿式のものが主流だった。この製品は電池で回転するブラシで強制的に溝を掃除するものだった。
電池を入れ替えても、うんともすんとも言わなかったけど、バシバシ叩くとモーターが回りだしました。けどブラシが回らないので、分解してみるとモーターの回転を伝えるベルトが切れてました。なんとかなるかなと、輪ゴムを代用してみると見事に復活しました。
ナショナルは将来的にベルトが切れたときに、輪ゴムで代用することを想定していたに違いない。その証拠にたったネジ四本抜くことで分解できました。 ものつくり日本、バンザイ!
家にはレコードプレイヤー無いので、これ、明日からドニズバーで使います。

時々フィルターを掃除できるように、開けられるギミックが70年代ぽい!

IMG_9915.JPG
IMG_9914.JPG


posted by だいちゃん at 01:17| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアックでスマソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

司馬遼太郎 「峠」

正月の間に読み終えました。

坂の上の雲、龍馬がゆく、菜の花の沖 以来、司馬さんの長編でした。

最後の数ページはとめどなく泣けました。

今年は年間百冊読破を目指します。

IMG_9913.JPG

posted by だいちゃん at 23:08| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする