2016年07月11日

歩車分離式信号

オリーブ通りに統合した小学校ができて平日は毎日小学生が店の前を通るようになり、賑やかな声に元気をもらいます。

オリーブ大橋の信号は「歩車分離式・押しボタン」信号 しばらくずーっと見てて仕組みが分かりました。

まず、歩行者がいないときは歩行者側信号は全赤で車側が順番に青になります。小学生の登校下校時刻以外はあまり人が歩かないし、車の右左折時の巻き込み事故の心配もないのでいいですね。
singo1.gif

そして誰かが押しボタンを押すとささっと通ってる車側の信号が黄色、赤になって、歩行者側の信号は縦も横も全部青になります。斜め横断もオッケー、スクランブル交差点ですね。
singo2.gif
ずっと見てたわけではないので、確認はできませんが、歩行者全青が終わって普段に戻るときは必ず通行量の多いオリーブ通り側から青になってるように見えました。
どちらにしても、車にとっては普段よりちょっとだけ待ち時間が長いような感じですが、いろんな工夫で事故を減らすことが一番大切ですね。


posted by だいちゃん at 18:20| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

第五回 地蔵制作会

土庄高校定時制の生徒達が取り組んでくれている「町ナビまねき地蔵」の制作会がありました。

Image-4.jpg

父兄の方々、商工会青年部メンバー、そしてぼくたち迷路のまち委員会の人たちなどなど
多くの人が来てました。

ぼくは嫁はんから頼まれたミーコ地蔵を作りました。

MI-KO1.jpg

最後、大川教頭先生の挨拶。何もないところから地道に作り町中に置きつづけ、今や前島のランドマークになった「まねき地蔵」これからもがんばってください。

SINNTYANN-1.jpg





posted by だいちゃん at 23:57| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

迷路のまち地蔵さん作り

台風接近の中、土庄高校定時制の生徒らが作ってる迷路地蔵の手伝いに行ってきました。

お話伺うと土高定時制の地域の大人を巻き込んだこの活動が県知事賞をいただいたということ。OBとしてはとても誇らしい話です!

何も考えてなかったけれど、ミーコやらダフトパンクやら星飛雄馬やらドニやら、、、、今更ながら自分の才能が恐ろしくすらあるなと思いました。
IMG_5768.jpg
IMG_5770.jpg
IMG_5771.jpg
IMG_5774.jpg




posted by だいちゃん at 23:23| 香川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

グーグルマップ

MARITAIME.jpg
San Francisco Maritime National Museum


続きを読む
posted by だいちゃん at 22:56| 香川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

犬島、牛窓。

犬島へ再び行きました。今回も製錬所跡を見学しました。あるものを生かし、ないものを造る。循環型社会のモデルとなる素晴らしいテーマパークだと思います。
R0014439.JPG
R0014441.JPG
船が着いたところにいらっしゃる恵比寿様。犬島アートプロジェクトのチケットセンターでmtテープ発見。思わず買いました。
inu2.jpg
荒涼とした雰囲気。ちょうど100年前の1909年に建てられ、直後銅の大暴落によってたった10年で閉鎖されました。そしてそのまま手つかずに残されています。ここは火力発電所だったところ。当時たくさんいた工員さんの宿舎の電気をまかなっていいた。工員の宿舎も建てられほんの一瞬にぎやかに栄えていたのだろう。
inu1.jpg
inu3.jpg
細かく区切られた工場内でどんな作業が行われていたのかわからないけど、収容所のようにみえなくもない。殺伐とした雰囲気。映画鉄人28号のロケ地にもなったということです。
inu4.jpg
大煙突。大風や台風の時、少しずつ崩れていってるらしい。
inu5.jpg
すごいものが残っているものです。

その後海路、牛窓へ。
usi1.jpg
こちらはうってかわってマリンレジャーの港。ホテルのポンツーンに着きました。
usi2.jpg
ボランティアガイドの方に案内していただいてぼくの祖父の実家の檀那寺、本蓮寺へ。その昔は峠を越えて島の中の隣りの集落へ行くよりも船で目の前の牛窓へ行く方がよっぽど便利だったのだろう。大部の方は牛窓の寺の檀家が多い。
usi3.jpg
usi4.jpg
本蓮寺は江戸時代池田の殿様が朝鮮通信使の接待の為に使った由緒ある寺。本堂は南北朝時代のもの、その後江戸時代に三重塔も増築され、そのまま残る。
usi7.jpg
牛窓は天然の良港、海上交通が花形だった頃は風待ち、潮待ちの寄港地として対岸の小豆島と共に賑わった。今でも造船所が多い。
usi5.jpg
古い街並みが残ってる旧街道筋。
usi6.jpg

犬島、牛窓、両方とも小豆島と関わりが深く人の交流も多いところ。定期航路が出来ればいいなと思う。


ラベル:犬島 牛窓
posted by だいちゃん at 23:23| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 街歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする