2015年07月19日

春霞 緑栗ラベル 特別純米八反錦瓶燗火入れ 

春霞、たまらんです。

晩飯が出来るまでに、いただいた胡瓜の辛子漬けで、ちょっと一杯、、、

と思ったのに、旨すぎて、飯前にガチ二合( ゚ω゚)… ま、こんなもんです。



ファイル 2015-07-20 0 35 13.jpg




posted by だいちゃん at 22:54| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

ニッポンの泡!

日本の泡。

上喜元の活性にごり。

シャンパーニュみたいに栓を吹き飛ばします。室内だと危ない。ベランダで開栓しましたが、、、、吹き飛びました。

近頃のマイブームはこの酒です。大人のサイダー、スプライト。美味しいです。




posted by だいちゃん at 22:55| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

春霞 夏純吟 田んぼラベル


栗林酒造様から季節酒のご案内がありましたので、
案内いたします。

春霞 夏純吟 田んぼラベル
きれいな旨味、軽やかな酸、
冷やして爽やかにするする飲める食中酒がコンセプトの
夏向け純米吟醸酒です。

6月初旬、限定で入荷予定です。ご入り用の方はお早めにお声かけください。

spring.jpg



ここ数年の春霞の進化は本当にすごいです。
米の洗い場を改良して、小さな洗米機を導入し10キロずつ小分けして丁寧な作業をしています。また蔵の中の作業の優先順位変えて、作業効率重視から麹の出来上がりの進捗状況次第に合わせたそうです。これまでは単純に毎日8時に麹を出していたのを「その日の麹の都合」に変えたということです。これにより日によっては9時、10時になることもあるけど、断然酒の味はあがりました。

古くからの蔵人さんと若い蔵人さんとのチームワークもよく、どんどん酒質が向上し、結果、人気急上昇になってきています。


posted by だいちゃん at 15:27| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

杜氏さんの力。

いつも飲んでる好きな銘柄の味が変わった。誤解を呼んで蔵に迷惑をかけるといけないので銘柄名は伏せておく。
ぼくにとっては、安心感の塊のようなラベルと味だったのに、確かに変わった。

どうしたのかな?と思って考えてみると、そういや前の杜氏さんから今の杜氏さんに引き継いで今年で3年目、そろそろ若い杜氏さんの酒になってきたということか。

前は懐かしいオヤジの懐に包まれたような、そんな酒だったのに、その伝統を継ぎながらちょっと今風の味になっている。ぼく個人としては前の味の方が、まだ今は好き。けれど飲み慣れてくると思う。

酒は人を現す鏡。正にそのとおり。

おじいちゃん杜氏さんから、ロック好きな若杜氏に代替わり。いいですね。

ぼくの味覚もちょっとリニューアルしなくちゃね。

harugasumi.jpg





posted by だいちゃん at 23:49| 香川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

日本酒塾、スピンオフ企画!

今夜は毎月の「日本酒塾」のスピンオフ企画で「日本酒塾予習復習会」に参加\(^o^)/。

ホンモノ漁師さんが「釣った」サワラのタタキ、そのマコの煮付け、酢〆、等々。小豆島ネイティブでもなかなか食べれない海の幸をこれでもか!というぐらい、いや遠慮してたら、無理にでも口にねじ込まれるくらいいただき、酒も進みました。

残念なことに写真取り忘れました。

当店の日本酒塾、自分も勉強しながら始まって、開催できない年もあったり、いろいろありましたが、皆様方の楽しそうなお顔を見て本当に続けてきてよかったなあと思いました。

今夜も皆様ありがとうございました。

posted by だいちゃん at 22:41| 香川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

酒ロック。

日程の関係でワインスクールがぽこっと開いた日。

普通に清酒を飲む。綾菊、特別純米、國重。飲みながらパラパラ雑誌を見たりテレビを観たり。うまいとも、うまくないとも、何も思わずスイスイ飲んでる。こんな酒こそがぼくには一番だ。

現在は流通が究極的に発達していて、ほとんど全国何処でも翌日にはモノが届く。酒も食べ物も。おかげでどんな地方の酒も好きに飲めるのはいいのですが、流通が今ほど発達していなかった時は、各お蔵の生産量の殆どは地元で飲まれたはず。また同じように地元の食べ物もそうだったはず。

それはつまり、地域の酒は地域の食べ物と一緒に育ってきたはずで、瀬戸内の肴には瀬戸内の酒が合うし、太平洋側の港町の肴にはそこの酒が合うのです。山の肴には山の酒が合う。

暑くなってきたので酒ロック。いいね。


posted by だいちゃん at 23:57| 香川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

清酒会。

今夜は清酒会。

おつかれさまでした。

最初の「活性にごり」から、おいしくて盛り上がりっぱなしでした。
ぼく自身を清酒の世界に引き込んでくれた綾菊大吟醸。やはりそのおいしさに今夜も泣けた。
竹泉の弐年熟成山田も濃くて味わい深くて、蔵で飲んだアレを思い出した。
上喜元本醸造、思わずみんな笑顔になる酒。

今月もありがとう!

写真、ありません(汗)。






posted by だいちゃん at 23:54| 香川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

オトナの遠足 2

先日、3月4日に当店のお客様と一緒、総勢27名で兵庫但馬方面へオトナの遠足に行って参りました。

日帰りなのでとても朝早くから、それぞれの待ち合わせ場所に出ていただき、皆様をピックアップして福田港へ。
bus.jpg
早朝なのでまだみなさん半寝。そこで今回の遠足の今上実行委員長、ご挨拶。
imaue.jpg

フェリーで姫路に渡り、順調にバスは走って、ドライブインで休憩。
bus1.jpg

まずは、燻製工房、「香味煙」に着きました。一昨年からじわじわ来て、昨年一気にブレイクして今や大忙しで製品は全て2ヶ月待ち、それでもどんどん注文が入ってるという、、、 大変お忙しい中、、、、
koumien.jpg
店は臨時閉店して、なおかつ「歓迎小豆島ご一行様」バージョンで待っていてくれてました!大感激!!
楽しい話を聞き、信じられないくらい美味しいスモークを思いっきり食べさせてもらって、おなかが苦しいくらいだけど、みなさんにこにこ顔です!
koumien1.jpg
まだ雪深いハチ北入り口の香味煙さんで記念写真。

それからバスは朝来の竹泉醸造元、田治米さんへ。
すごく歴史の重みを感じる蔵でした。昭和蔵、大正蔵、明治蔵があり、家の母屋は江戸時代ですから。
tikusen1.jpg
十九代目ご当主とツーショット。

蔵の中を案内していただき、その後で十種類も試飲もさせていただきました。全部おいしーーい!もうみんなホロ酔い。
tikusen2.jpg

本当に楽しい遠足でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
次も楽しい企画を考えます!また行きましょう!!

posted by だいちゃん at 23:19| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

重陽の日。

今日は9月9日。重陽の日。昔から奇数は陽の数とされ、その一番大きな九が重なる日は酒造業界ではとてもいい日とされてます。蔵に保管している酒がこの日を境にぐんと美味しくなる日なのです。

そんなことがあるのか?と思うでしょうが、疑ってはいけません。
本当にあるの(かも)です。その証拠(?)に今日からひやおろしが出荷になります。

今日の晩酌は清酒です。やっぱり清酒がうまいです。いつでもうまいのですけども。

夕方、ツイッターのフォロワーさんとサンダーバードネタで盛り上がったので、ムック本をみながら酒を飲む。
お子ちゃまなのか、おっさんなのか自分でもようわからんぼくです。

TB.jpg








posted by だいちゃん at 23:12| 香川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

清酒、万歳!!

友達に、
もし、休み取れるんやったら、一緒に蔵訪問行かん?
聞きました。もちろんダメでしたけど。
おみやげにいただいたお酒をあげました。
今日、連絡があって、入荷したらすぐ買いたいと。

やはり清酒は心を繋ぎますね。国酒である清酒をみんなで盛り上げましょう。



閑話休題
本日新しいマック注文しました。
アップルストア。
いつ来るかなあ。楽しみです。












posted by だいちゃん at 23:55| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

清酒竹泉。

雪の降る中、朝来、竹泉さんのお蔵を訪ねました。

R0015674.JPG
R0015673.JPG
R0015679.JPG
R0015691.JPG
R0015685.JPG
R0015686.JPG
R0015689.JPG
R0015695.JPG
R0015696.JPG
R0015703.JPG
R0015705.JPG
R0015708.JPG
R0015712.JPG
R0015713.JPG
R0015720.JPG
R0015723.JPG
R0015725.JPG
snow.jpg
こないだの水曜日。前日は大阪で業界の新年会。早起きして大阪駅0813の特急北近畿1号。
前日の晩からあんまり寝てなくて、車中ぐっすり寝てて、10時過ぎに起きると周りは銀世界でした。
和田山駅で降りて、お蔵へ。
明治蔵、大正蔵もある。まさに地域の名家。
蔵の中では搾り機の粕を取ってたり、次の仕込みのための米を洗ってたり。酒造りの正にこの時に時間を取っていただいたことに感謝。
外は雪。兵庫の内陸気候で寒いところだけど本格的に積もったのはその前の晩からだったそうだ。
純米大吟醸のタンク。12月5日に留添えをして1ヶ月以上、置いてる。つまり酵母に糖を食い切らし余計な甘味を残さず、しかも旨味をたっぷり乗せる造り。
実際に華やか過ぎる香りは残さず食中酒として飲めるお酒です。酵母は7号、10号だけど明治大正に建てられた蔵に付いてる天然酵母も働いているだろうなあ、と蔵人さんに聞いてみると、そういう蔵付き酵母の微妙な味わいが蔵クセと言われる分野でしょうね、とおっしゃってた。ああ、いいお蔵だなあと心の底から思いました。
さあ試飲して下さい、とぼく一人の為にポンポン開けてくれて恐縮。一生懸命試飲、というより飲み込んで、もう目がチカチカするほどでした。

よい酒をたっぷりいただいて、帰りの電車は夢心地でした。

竹泉様、本当にありがとうございました。









posted by だいちゃん at 23:19| 香川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

明日から出張。

まず明日は大阪へ。業界の新年会みたいな。けど中身は濃い。勉強してきます。

明後日は兵庫のちょうど真ん中あたり朝来市の酒蔵訪問です。朝来市の竹泉という酒蔵。とっても楽しみです。

本当のおいしいお酒をまたご紹介できると思います。

乞うご期待。

明日早いので、おやすみなさい。









posted by だいちゃん at 23:13| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

さわらの酢〆。

昨夜、家の酒を飲んでしまったので、今夜は何を飲もうかなあと考えた。閉店作業で床をモップ掛けしながら棚を見てた。そうだ、ウィスキーを飲もう。その理由は安いから。
'79の東京サミット、当時のサッチャー英首相が日本政府に迫った。焼酎とスコッチと飲まれ方は同じなのにどうしてこんなに税金が違うのか。外圧に弱い日本は次第次第に税金を下げ、今やあの頃の4分の1くらいの値段だもんな。清酒1本より安い。水や氷で割って飲むことを考えるとかなり割安だな。
それでどうなった?スコッチウィスキーは売れてるか?あの頃の「舶来品=高級品」というイメージは消え去り低迷している。世界的に低アルコールに向かってるといこともあるけども。ブランドイメージを作りあげ、そして守っていくことの難しさ。

そうこう考えていると、おかんから電話。さわらの酢〆をこさえたから取りにこいと。その一言でやっぱり清酒になりました。風呂上がりに熱燗つけて飲もっと。

店の中のBGM、有線を止めてもう何年になるかな。毎月の聴取料がバカみたいに思えてきて店に置いてるパソコンに手持ちのCDをどんどん取り込んで流してる。いつもシャッフルにして流してるけどバレンタインの間はビートルズ特集にしてた。ビートルズってバレンタインによく似合う。

ところで邦題「涙の乗車券」Ticket to Rideって1番、2番、サビ、3番、4番と流れていきますが、サビ前と後でリンゴがビミョウにドラムのリズムを変えてるの知ってました?これは隠れたリンゴのスゴ技、途中で飽きさせない仕掛けです。なんか機会があったらよおく聴いてみてください。

風呂上がりにさわらの酢〆で二合ほどやってきました。さわらなんてもう春ですねえ。旨かったです。魚へんに春、鰆ですから。
清酒を飲むことにおいてだけ考えると鮮魚より干物だとか酢〆などがいいです。刺身ではすくなくともぼくは清酒は飲めません。なんでかな?と考えるとあの刺身醤油が濃すぎて清酒の微妙な味をダメにしてしまうと思う。刺身にあうのはハフハフ炊きたて白ごはんだと思う。
いろいろありますが、今夜もおいしく飲みました。

で、今は書斎で寝酒に新潟麦酒の黒をちびちびやってます。
packers.jpg
今季最後でしょうか。グリーンベイ・パッカーズをゲットしました。数日前のブログで紹介したチーズヘッドのチームです。


ところでもうじきクラプトン先生の武道館公演なので心もそぞろです。
待っててください、先生。

BGM : E.C. Was Here / Eric Clapton
washere.jpg
近頃は予習のためクラプトン先生のCDばかり聴いてる。今はタバコも酒も、そしてもちろんドラッグもすっぱり止めて、大学教授かニュースキャスターかみたいな風貌の先生ですが、昔はタバコも酒もプレイボーイぶりも世界ランキングのトップを走ってました。
裸の女性の背中にルージュで「ECはここに居た」とは、、、、恐れ入ます。
当時のギターの腕は第2期黄金時代の始まりの頃。しびれます。

>>>続きを読む
posted by だいちゃん at 23:50| 香川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする