2020年10月08日

令和二年上半期 芥川賞「首里の馬」

今季の芥川賞「首里の馬」、読了。

なんだかよくわからない設定の長編。首里、沖縄から予想したけれど、特に戦争を物語るでもなく、今現在の情報、ここにあることをアーカイブしておくこと、将来、誰にとって有益なものに

なるのか、一切誰にも必要のないもののままなのかは別にしても。

ヒコーキという宮島馬。宇宙、戦場、深海。テロリズム。疎外感。


IMG_7081 2.JPG
posted by だいちゃん at 03:18| 香川 ☔| Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。