2019年10月20日

バーニャカウダ + ブラケット・ダックイ

今夜はワインスクール、今季水曜日クラスの第一回でした。

料理とかお出しするワインとか、お話しする内容とかいろいろ考えて、ふと思い付いた組み合わせ。

バーニャカウダ + ブラケット・ダックイ 

実はこれ、数年前に娘の結婚式でハワイに行った時、ようやく行けた超有名イタリアン「アランチーノ」の組み合わせ。

ブラケット・ダックイは赤で微発砲で甘口。それ自体めずらしい性格のワインだけど、普通に考えて最後のデザートワインにしか使いようがない。

けれど一連の食事の間に、アンチョビの効いたバーニャカウダソースと共に出てきたら、真反対の味のものの組み合わせで、インパクトありすぎて、食事のコースがリセット、リフレッシュされる効果は素晴らしい。

バーニャカウダ 生野菜を白系の温めたソースで食べる料理。当たり前に考えて、さっぱり系の白(イタリア系)もしくは軽いスパークリング(プロセッコか、カバか)だけれど、それでは普通すぎてただの箸休めでしかない、逆に今考えると、赤甘スパークリングのブラケット・ダックイ一択だとわかる。さすがアランチーノ。改めて思い知りました。

b9a6324d-beac-4b48-ab81-2812dba2e2e2.JPG
その時自分用に描いたメモ






posted by だいちゃん at 01:28| 香川 ☁| Comment(0) | ワイン考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。