2019年03月12日

ロゼワインのつくりかた

ロゼワイン、知ってますよね。赤でもない白でもないピンクのようなバラ色のようなワインですよね。

ロゼのつくりかたはわかりますか? 赤と白を混ぜる? うーーん、それでもロゼは出来ますが、ワインを古くから(紀元前から)造って飲んできたヨーロッパの国々はそのつくりかたを認めていません。(余談:ぼくは家ではよくやります)

まず赤ワイン、白ワインのつくりかた。

赤は黒(赤)ブドウを潰し、その果皮や種などと一緒に発酵させます。その途中で果皮の色がワインに移ります。色が充分移って赤ワインの色になったら果皮とか種を取り除きます。それで赤いワインになります。ちなみに種は赤ワイン独特の渋味の成分を出します。

次に白ワイン。白ブドウを潰します。そしてすぐに果皮とか種などを取り除き、搾った果汁だけを発酵させます。それなので色がつかず透明で渋味もないワインになります。

ではロゼはどうか。基本的には赤ワインと同じつくりです。果皮から色をワインに移していく途中でロゼ色になったら果皮を取り除き、それ以上色が濃くならないようにするわけです。

IMG_4717.JPG
L'Arjolle Syrah Cabernet Rose


ロゼは中途半端という人もいますが、和食にはロゼが一番合います。つまり和食は「いい意味で中途半端」だからです。肉をダシで甘辛く炊いたり、魚を醤油で煮付けたり。ワインと食材の公式から言うと、どっちがどっちなのかわかりません(笑)。

今夜もロゼでニコニコです。



posted by だいちゃん at 01:30| 香川 ☁| Comment(0) | ワイン考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。