2017年03月28日

「地図にない谷」 藤本 泉

平家の落人集落に隠れ住む人が、明治になってから初めて外部と接触したとき、「源氏はもうほろびたか?」とたずねたという話があるとか。おおよそに考えても600年。それだけの長い間、ただひとつ事を次々に伝承して生きていた一族もあるのかと想像すると、げに恐ろしきは人の心の「恨み、憎しみ」だと思われる。

徳川の元禄大弾圧のあと、記録は徹底的に取り締まられ、除地(のけち)の記録はどこにも残っていない、という話。

「いわゆる学校などで教える歴史とわれわれが足で調べる地方史とは大変にちがうだでね。それはちがうなんてもんじゃない。日本には表向きの歴史と本物の歴史があるだでね。」(原文ママ)

警察も行政も入らない山奥の谷の集落にまつわる話。江戸時代にさかのぼり、謀反を起こした者一族が「谷の陰」に押し込められ住んでいる。「谷の表」には陰を支配する一族が暮らす。陰には突然死んでしまう「いきなり病」という風土病が蔓延している。

風土病とされたその病気は、実は恐ろしい一族を根絶やしにしようとする企みだった。。。。

かなり読み応えのある一冊。コワー(゜Д゜)

1000chan820115B.jpg


posted by だいちゃん at 23:15| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック