2015年07月04日

Apple Music 始まりました!

Apple Music 始まりました。音楽の定額配信。いろんなサービスが海外にはあるけど、日本は著作権がらみの問題でなかなか始まらなかったけどようやくスタートしました。iPhone、iPadなどiOSデバイスに続きMacでも出来るようになりました。

とにかく今は無料トライアル期間なのでその間だけでも使ってみようと入れてみました。AppleMusicで聴ける音楽は3千万曲だとか、単純に1曲5分と計算しても全部の曲を聴くには285年かかる計算になります。これを月額1200円ほどで聴けるのは安いと見るか、そもそも好きなジャンル以外聴かないだろうから必要ないので高いと見るか。今の環境では7G制限があるので、Wi-Fi下でしか使えないし、結局音楽は自分のモノではない、ストリーミングで聴くだけだし。無料期間が終わったらさっさと止めて契約しないと思っていました。
 
けれど二日三日聴いていくうちに、今の時代に音楽を所有するということはどういうことなのか考えてみました。

Apple Music に加入すると、膨大な量の音楽を無制限に聴くことが出来る。聴くのはiPhone、iPadもしくはMacから。ラジオのように24時間配信されてくるものを聴けるだけでなく、好きなアーティスト名やグループ名で検索できる。例えばエリッククラプトンで検索すると、ほとんど持ってると思ってたけれど、一曲でも参加したCDやトリビュート的に集められたもの、誰かのトリビュートに参加したもの、その他諸々の企画モノ(クラプトンが影響を受けた大御所ブルースの寄せ集め盤とか、クラプトンに学ぶアコースティックギター教則CDまで)出てきました。こんなんマニアから見たら狂喜乱舞の世界ですやん。そしてまた、もう誰も覚えてないと思うディープパープル第4期にリッチーブラックモアの後を受けたTommy Bolin で検索すると瞬間、30枚くらいのアルバムがヒットして、もちろん聴き放題で、もちろん自分のライブラリに追加も出来る。

アップルの考え方は、タブン、音楽は所有すること自体に何の意味もなくて、いつでも聴ける状態になれる料金は一曲あたりで考えると殆ど無料。つまり、所有でなく音楽を聴く事によって得られる満足感、癒された感に対してその料金を著作権所有者に払う仕組みだと思う。音楽は聴いてナンボ、音楽ファイルを持ってるとかどうとか以前の問題。ラブ&ピースやね!さすがクック船長!!


うーーーーん、美味しすぎるんちゃう? これで月1,200円?いっとく??(笑)

screenshot2.jpg

ちなみにビートルズはApple Musicには出てないみたいですね。



posted by だいちゃん at 23:46| 香川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マニアックでスマソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック