2015年03月15日

イカナゴの釘煮。

料理の上手な漁師さんに自家製イカナゴの釘煮をもらいました。昼前にいただいて、すぐ白ごはんを一膳いただきました。いや一膳半(笑)。あと半分はお茶漬け。あの甘辛くて、ちょっと山椒がきいたお茶漬け最高です!

本番は夜ごはん。今夜は新しいロゼの飲み方提案を実験するため濃いめの赤と軽くてきれいな辛口ロゼです。

赤はシチリアの土着品種ネロダーボラ。洗練されすぎない、いい意味で田舎っぽい味わいがいい感じ。ワインを飲み下した後、口中の余韻にイカナゴを乗せてみる。反対にイカナゴを食べて後味にワインを会わせてみる。どちらもいいけど、一番いいのは食べながら飲んで口中調味。フランス人は嫌がるだろうけど、これが日本の食べ方、合わせ方なんだよと。

考えてみれば瀬戸内海は日本の地中海。となれば小豆島はシチリア島みたいなもん。やっぱり合いますよね。

春のロゼシーズンを前に、いつまでも白→ロゼ→赤ではなくて、フレキシブルに濃い赤の後でもロゼ(さすがに白は難しい)を提案しようと実験しました。これは本場ヨーロッパでも来てる流れだそうで、その心はやはり現代人の食生活におけるヘルシー志向、ライト化傾向です。そしてやってみると、うん、これはアリです。

普段ワインは1本なのに実験のために2本持って帰って、「実験のため。二日分を半分ずつ飲む」と決めてたのにすべらない話に夢中で気づいたら2本とも空いてました( やべー)

Image-21.jpg





【関連する記事】
posted by だいちゃん at 00:30| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タコとエビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック