2017年06月16日

「トワイライト・シャッフル」 乙川優三郎

どれをとっても珠玉としかいいようのない短編集。彼の文体、とても好きです。
片岡義男よりも片岡的な、千葉外房、御宿らしい海辺の町でおこる出来事を淡々と語る。

カルロス・ジョビンのボサノバか、南佳孝を聴きながら読みたいね。

乙川.jpg


posted by だいちゃん at 18:43| 香川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

「海も暮れきる」 吉村 昭

個人的に「放哉ブーム」 日本放哉学会編集の放哉研究という学術誌を熟読し、その余波で確か親父の本棚にあったな、と思うこの本、実家でさがすとやはりあった。昭和55年の第二刷版。

放哉の、ぼくの心の痛いところを掴んで離さないのは、精神的にダメで浮き沈みが激しく、酒に汚く、自分を律せないところ。読むほどに痛い。自分のことのように。

書状で人に媚び、金や酒や莨をねだる。その書を出した、次の瞬間、悔やみ、相手を罵り、罵倒する書を書いて出す。精神分裂でしかない。

放哉の来た道を歩いてみる。南郷庵の裏山にあがり、艀が出たであろう仏崎を見渡してみる。溝に落ちた水路を道の下に探して見る。

詩人であり、世捨て人であり、病人であり、酒乱でもあり、実は気の弱い男でしかなかった放哉のほんの一部分だけど知れた気がする。

01_cover.png


posted by だいちゃん at 18:02| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

「R.S.ヴィラセニョール」 乙川優三郎

「メスティソ」という言葉を初めて知った。混血児のこと。フィリピンの父と日本人の母を持つ主人公は少女時代からイジメを経験し、混血というだけで謂われのない先入観で判断され日本人になれない人生を歩んできた。一方父は日本に暮らしながら、フィリピン流の考え方、生き方を貫く。

主人公レイは混血二世でありながら、現代琳派に共鳴する色彩感覚を持ち、染色工房を房総半島に構える。作品よりも人を見て、「和の美がわかるはずがない」と門前払いされ続ける中、本物をわかる店と出会い、工芸展で奨励賞を受賞し、ようやく生活のメドがたっていく。

この本が海外移住者が日本の染め物に挑戦し、苦労していく話だけでも「充分おなかいっぱい」なんだけど、これだけでなく、国際的な話になっていく。もうひとつの主題も読み応えありすぎで、二冊に分けてもいい本だったと思える内容でした。ちょっとネタバレすみません。

本は出会いだとつくづく思う。最近ピアノコンテスト、ギターコンテストなどを主題とした小説を読んで、それぞれの楽曲をネットで聴きながら読んでた。それと第二次世界大戦前夜のポーランド、ワルシャワの話とか、場所は違えど同時期の二.二六事件の話、ピカソのゲルニカの話を読むときはネットで年表を見たり、改めて史実を学んだり、ゲルニカを見たりした。

で、今回は年表を繰ったり、琳派、鈴木其一「芒野図屏風」を見たり。すべて最近読んだ本に繋がってくるのが不思議。

あ、サスペンスではありませんので。

ダウンロード.jpeg

posted by だいちゃん at 03:03| 香川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする