2019年03月24日

イオンの株主優待

イオン株、買いました。

2月末が権利確定。もうちょっとしたらオーナーズカードが届く予定。

特典は3%キャッシュバック。3パーは大きい、届いたらどんどん使おう!

権利確定してもそのまま保有するもの手ですが、すぐに売ってしまって(笑)、違う会社に投資しています。なかなか上がらないけど(笑)。

IMG_4795.JPG




posted by だいちゃん at 01:27| 香川 ☔| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

イチロー引退。

もう昨夜からずっとこのネタで持ちきりですが、イチロー選手、引退しました。

「後悔などあろうはずがない」とても名言ですが、いわゆる二重否定構文。

今どきは、「ビジネス文書での二重否定は避けよう」とかいわれていますが、
 
長く海外に暮らしていたイチロー選手が「後悔などない」の意の最上の強調として、

さらりと古式ゆかしいこの文語体表現をしたことに驚きました。

海外にいても日本の文学や論評など、かなり「むつかしめの文章」を日常的に読まれているのだと思います。

改めて「イチロー選手、おつかれさまでした」

IMG_0943.PNG


posted by だいちゃん at 00:07| 香川 ☁| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

日経電子版

こんな便利でお得なモンがあるとは、つゆ知らず。。。。。

IMG_4790.JPG


posted by だいちゃん at 01:24| 香川 ☀| Comment(0) | 新聞ひろい読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

ずっちゃん

今日の日経より

Scannable の文書 (2019-03-20 23_15_33).PNG

いい話をありがとうございます。

小さな命を大切にする人でありたいと思います。

posted by だいちゃん at 00:00| 香川 ☁| Comment(0) | 新聞ひろい読み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

映画「グリーンブック」

今日はお休み。

電車で綾川まで行って観ました。

いやー「グリーンブック」最高に感動しました。やはりアカデミーですね。

後でパンフレットをみたら「ムーンライト」に出てた人なんですね。

おすすめします。ぜひ観てください。

IMG_4784.JPG




posted by だいちゃん at 23:08| 香川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

ワインテイスティング

仕事として、新入荷のワインのテイスティングします。

当店及び、私たちエスポアグループは製品としてのワインではなく、造り手その人との付き合いをしてきました。

それ故、ニューアイテムが増えるのはごくわずかですが、ずっと扱ってきた「定番」がたくさんあります。

基本的に信頼関係で取引しているので製品としての間違いはあり得ませんが、その年の気候風土によって違うのがワインなので、ニューヴィンテージはどうなのか?というテイスティングは欠かせません。

それによりお客様に伝えるキャッチコピーが変わってくるからです。

それで、もちろん「有料試飲」です(苦笑)。

今夜試飲した「ムーラン・ド・ガサック」めちゃめちゃおいしくなってる!!

おすすめです。ニャー(笑)。

IMG_4781.JPG




posted by だいちゃん at 00:13| 香川 ☁| Comment(0) | ワイン考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

木戸泉 吟ぎんが 特別純米無濾過生

木戸泉 吟ぎんが 特別純米無濾過生 入荷しています。

当店イチオシの蔵元さん。先代から長い付き合いをさせていただいていて、当店のドニズバーのオープン時、当代勇人氏が杜氏就任にあわせてバーのこけら落としに奥様と一緒に駆けつけてくれました。

IMG_4780.JPG

木戸泉と言えば鑑評会などには一切出品しない(吟醸をやらない)蔵です。米を過剰に磨いて「綺麗さ香しさ」だけを狙った「香りプンプン酒」などには見むきもしません。

しかし原料米の品質には徹底的にこだわり、化学薬品や肥料、農薬を使わない米で醸す、その姿勢は原料ブドウの健全さをとことん追求するフランスの自然派ワインの造り手にも通じます。

この原料米「吟ぎんが」(吟醸ではありません)は、無農薬・無化学肥料はもちろん、堆肥も動物性のものは一切使用せず植物性の堆肥のみを使用して、手間隙愛情込めて育てた自然米です。そんなお米で造った搾りたて無濾過の生です。

昨夜当店の納入先の居酒屋さんで6人のお客様におすすめしたら、「これはうまい」「おいしい」と次々に追加になり、結局、四合瓶四本飲んでいただいたということです。さすが、木戸泉。

吟ぎんが.jpg
posted by だいちゃん at 19:27| 香川 ☁| Comment(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

今夜はワインスクールでした。

今夜はワインスクール。今回のテーマは赤ワインのスタイル。

ヨーロッパ、フランス、イタリアでは何百年もかけての試行錯誤で、何処にどの品種を植えればいいワインができるかの知識を、数十、数百世代にわたって経験的に積み上げてきました。それが今日のワインにおける原産地呼称制度の基になる考え方です。

ところがここ数十年で、地域のスタイルよりも、それぞれの造り手、個人のスタイルがより前面に出てきたとぼくは思っています。

そんな今どきの赤ワインのスタイルを味わっていただきました。

IMG_4763.JPG


posted by だいちゃん at 00:48| 香川 ☀| Comment(0) | ワイン考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

ケニーG

毎朝店に来て、裏口から入って開店準備をします。

パソコンを起こして、その上に「エスポアおおもり業務システム」を起動。そしてBGMをアレクサに命令。

今日はAmazon Music のプレイリストじゃなくて、ふと思いつきで「ケニーG」にしました。いい感じ。

ケニーGってご存知ですか? 90年代に流行った白人イケメンのサックス奏者。サックスと言ってもナベサダみたいなやつではなくて、銀菅のラーメン屋のチャルメラみたいな。

当時ぼくもよく聴いてました。

images.jpeg

そういえば映画「ララランド」でヒロインのミーアがケニーGのことを話す場面がありました。

あの映画の監督デイミアン・チャゼルはすごいジャズマニアで映画監督よりジャズドラマーを目指していたほどらしいです。
それは前作「セッション」をみてもわかります。

ララランドはスタンダードジャズオタクのピアニスト、セバスチャン(ライアン・ゴズリング)と、音楽にはなんのこだわりも知識も無くて女優を目指す女の子ミーア(エマ・ストーン)の悲しい恋のお話し。

C2UrCNzUcAAfbJT.jpg

映画の中で、彼がジャズのスゴさ偉大さを熱く語ろうとすると、彼女は「エレベーターの中でかかっているケニーGみたいな?」と聞き返すシーン。観てて笑ってしまいました。

デイミアン・チャゼル監督がどんな意味を込めたシーンなのかはわかりませんが、ケニーG本人はちょっと傷ついたのではないかと、その後心配しました。どうでもいいですね(笑)。

ケニーの名曲、下のリンクからお聴きください。



posted by だいちゃん at 00:35| 香川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

國重 純米吟醸 うすにごり 

本日、入荷しました。

「綾菊 國重 純米吟醸 うすにごり」

地元綾川町の契約農家が育てた「オオセト」で醸した純米吟醸。

粗くしぼったままの、うすくにごりならではのクリーミーなおいしさが広がります。

数量限定です。お早めに。

うすにごり.jpg


posted by だいちゃん at 00:00| 香川 ☁| Comment(0) | 清酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする