2018年02月20日

映画「スリー・ビルボード」

FBのタイムラインで話題だった「スリー・ビルボード」 観てきました。

誰もが悪人であり、善人でもあり、怒りは怒りを来す、、、。

パンフレットには「いま、世界で”最も行きたくない場所”ミズーリ州」とある。

ふと気付くと今日はカンサスシティチーフスのスタジャン着てた。まさにミズーリ州やん。

IMG_3233.JPG
IMG_3234.JPG






posted by だいちゃん at 18:15| 香川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

芥川賞「百年泥」

文藝春秋 受賞作発表号で読みました。

インド、チェンナイ(以前のマドラス)でIT企業社員相手の日本語を教えている女性の話。

「百年に一度」の洪水で通勤で毎日通る橋が埋まるほどの泥やらゴミ。その泥の中から出てくる、出てくる、百年分の、思い違いのすれ違い、言わなかった言葉、言えなかった言葉、恨み、悲しさ、つらさ、、、、。

初めの方は、読んでおもしろい海外紀行文ふうで、すらすら読んでいたけど、ん??インドでは富裕層は想像を絶する通勤ラッシュを避けるため、「飛んで通勤している」という一文から「え??」となり、ファンタジーフィクションだとわかる。けれども軽妙なタッチで語られる中、心に残るエピソードもあり、心にのこる作品でした。

東大卒、学者の夫とインド在住。流石に文章がうまい。むつかしい漢字をたくさん使ってて、文脈でだいたい意味はわかるけど知らなかった漢字で、何回か辞典を開いた。その反面「いちおう」とか「とつぜん」とか「ひじょうに」だとか、ひらがなのままの単語は黙読する読者のリズムを重視してるのか、読みやすい。反面ひとつの文章がすごく長かったりするのだけど。 

店番しながら半分読み、晩ご飯のあと続きを読み終わり、楽しい時間でした。

IMG_3178.JPG


posted by だいちゃん at 02:04| 香川 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

A.I.

スピルバーグ監督作品 「A.I.」観ました。

話が切なすぎて、何度も何度も泣きました。ボロ泣き。

最後の方でアンドロイドが死ぬときに「ぼくは生きた、ぼくは消える」という台詞、あれはブレードランナーのロイ・バッティの最後の台詞の韻を踏んでると思う。

a.i..jpg


posted by だいちゃん at 15:27| 香川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

ダンケルク

ダンケルク、観ました。

映画の冒頭から、いきなり戦争の真っ直中に放り込まれました。

映画が終わるまで、息つく暇もない「戦争を体験」した気分。もちろん戦争なんて絶対してはいけない。

ストーリーは単調で悲惨だけど、画面は圧倒的に美しい。海も空も浜も町も。ずっと観ていたいほどの美しさ。

スピットファイアとかハインケル、フォッケウルフなどWWUの戦闘機も本物を使ったとか。
スピットファイアの 美しさは特筆ものです。プラモデル熱が再燃しそうです。

戦争はプラモデルの世界だけであって欲しいと切に思いました。

IMG_3158.JPG



posted by だいちゃん at 15:10| 香川 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

エイリアン コヴェナント

リドリー・スコット監督、エイリアンの前日譚、プロメテウスの次。

こういう SFホラー系て苦手で、三日かかってようやく見終わった。

ひとりでドキドキしながら怖がって観てた、まさにその時、知らん間に後ろに来てたレオに指をぺろっと舐められて、
1センチは浮いた。。。。。。

あああー怖いん苦手。。。。

cove.jpg


posted by だいちゃん at 01:53| 香川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

映画 素晴らしきかな、人生

火曜日、早仕舞いの日、家人が出かけたので一人で、あ、猫と、DVDみた。

素晴らしきかな、人生 2度のドンデン返し(アクションではないので派手なものではないけど)で
最後はじんわり目頭が熱くなった。いい映画です。おすすめします。

JS.jpg


posted by だいちゃん at 14:57| 香川 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

紙の動物園 ケン・リュウ

休みの日、読みたかった本を窓際の陽だまりで読む。「太陽は最高の読書灯だ」という文庫本宣伝のキャッチコピーがあったけど、正にその通りと実感する。猫も足元で居眠りしてる。

中国系アメリカ人、ケン・リュウ氏のSF。
アジア的なSFで、近頃流行り?なディストピアが舞台設定のストーリー。

著者の来歴をみると、民族、国の色分けがしみじみわかる気がする。

「おとなしい仔猫がぼくの心の内側を舐めているみたいな感じ」がじわじわきて、どうしようもなく大声で叫び出したくなるような寂寥感。

又𠮷直樹さんが絶賛した本という事は知らなかった。

zoo.jpg

posted by だいちゃん at 12:47| 香川 | Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

新入荷ワイン

ぼく的に一番好きなワイナリー、ムリニエさんの新しいシリーズが届きました。

地元のレストランからのオファーで造ったシリーズで、カジュアルな価格帯です。

ムリニエさんはラングドック地方のサンシニアンacですが、今回の新シリーズのネーミングは、なんと「サンアニアン」(笑)。もちろんシャレなんでしょう。

今夜は鶏鍋でしたが、すいすい いい感じでしたよ!

529770878.674178.JPG

posted by だいちゃん at 00:04| 香川 ☔| Comment(0) | ワイン考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

秋祭り

十何年かぶり?いや初めて??祭りを休みました。。。。

ちょっと体の調子を崩しました。だましだまし使ってきましたが、60年使うといろいろガタが出てきます。こればかりは部品交換できないし。ちょっと休みました。

チュールが大好きです!
IMG_2275 2.JPG


posted by だいちゃん at 23:24| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

macOS High Serra

MacBookPro をこれまでずっとEL Capitan のまま使っていました。それはOS Xが終わってmacOSになって、一般的には、マイナーチェンジだとか言われてましたがアドビCSを使う人にとっては衝撃的なアップデートでした。

新しいOSはJava6をサポートして無くて、イラレ。フォトショはもう起動すらできなくなりました。ぼく的には最後の単品売りのイラレCS6を大枚「福沢諭吉7人半」で買い、MacBookProを新調して、その一年後でした。MacBookはまだ全然機能的に使えるので、今の時点からアップデートを凍結して最終的にはスタンドアローンにして、イラレとフォトショ専用機にするしかないと思ってました。

が、マニアの方々が抜け穴を見つけてくれて、Sierraでイラレを使う方法をいろいろブログにアップされていました。けれど全くちんぷんかんぷん、リカバリーモードで再起動して(ここまではわかる)ターミナル画面でコマンドを打ち込む??うーん難解、それも長い長いコマンド、、、ぼくにできるのか??? (コマンドはコピペでもいいのですが)

丸々一年躊躇して、もしダメでも、最悪TimeMachineで元に戻せばいいかと決心してやってみました。

一年の間に新バージョンOSのHigh Sierra が出てしまい、自分が人柱になるつもりで、殆ど徹夜で、あーでもない。こーでもない、と悪戦苦闘して、、、明け方完了、ハイ!完璧にイラレ、フォトショ動きました。

マニアな先輩方、ありがとうございました。

HHS.jpg


posted by だいちゃん at 21:48| 香川 ☁| Comment(0) | マニアックでスマソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする